検索
  • masako

大リーグボール養成ギプス⁈


みなさんは


「巨人の星」を知っていますか?


1966年から1970年ごろに発表された昔むかしの漫画です。


主人公の野球少年が


強制的に身体につけさせられる


「大リーグボール養成ギプス」という特訓器具が有名です。


先日からアテールでも


アームス(腕)の使い方を


身につけていただくために


強制的?に脇の下にスポンジを挟んで


レッスンをしています。


とはいえ、


巨人の星の養成ギプスと並べて話すには、


なんとも 

お粗末なものではありますが笑。


バレエは


自分で思っているより、


講師に言われていることが


出来ていないことが多いので、


さまざまな角度から


からだの使い方をお伝えしていきたいと思っています。


アームス(腕)は、


脇の下に穴を空けるようにして


使います。

↑↑↑

写真の脇の下をよくご覧ください。穴が空いていますよね。


しかし、


脇の下をあけずに、つぶれた状態で


レッスンをしている人が多いのです。


そこで、


スポンジを脇に挟み


感覚を身につけます。

↑↑↑

スポンジ

養成ギプス⁉️( ◠‿◠ )


少々窮屈ですが、


慣れると思いますので、


頑張っていきましょう。


明日は木曜日!


レッスンの日です。


みなさんスタジオでお待ちしています🤗。


#巨人の星 #大リーグボール養成ギプス #アームスの使い方 #脇の下をあける #足立区 #西新井 #バレエ教室 #アテール


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

七夕🎋